睫毛のために撮る食品オススメ

女性の場合で、長く美しいまつげを憧れるので、多くの女性は美容液を使用し始めます。しかし、まつげを痛め、抜け毛を誘発しているというのも事実です。実は美容液を使用する方法だけでなく、自然な食事から、まつげの伸ばすことがもっといいだと思います。毎日のケアに加えてまつげを伸ばすことに効果的な栄養素を意識的に摂取しましょう。まつげが伸びる育毛効果のある食べ物をオススメです。

①L‐シスチン
皮膚や体毛、爪の主成分であるタンパク質はL‐シスチンに含まれるイオウで作ります。つまり、タンパク質を作る重要な成分と言われています。毛や爪、肌を健康に保つ効果と、美肌・美白効果、老化や病気から体を保護する効果もあります。L‐シスチンをたくさん含む食品には、牛肉、羊肉、牛乳、鮭、オートミール、小麦粉などがあります。肉類から摂取する場合は、野菜などと組み合わせ、栄養素をバランスよく摂ります。

②メチオニン
メチオニンはアミノ酸の一つなので、食事からの摂取すべきです。髪などの体毛を構成するタンパク質のほとんどは、ケラチンで占められています。その中でシスチンというアミノ酸が多くの割合を占めます。だから、このシスチンの材料であるメチオニンは健康な髪を育むために欠かせない栄養素となります。育毛効果以外にも、肝機能の向上、アレルギー症状の緩和、うつ症状の改善、老化防止、ヘアケアなどに効果もあります。多く含まれる食品には、鶏肉、牛肉、羊肉、マグロ、かつお、牛乳、チーズ、豆腐、ナッツ類などがあります。

③ビオチン
水に溶けやすい水溶性の成分で、アミノ酸や脂質の分解・代謝を助ける働きをしています。体内では肝臓、腎臓、筋肉、乳腺、消化管の順に多く存在します。ビオチン不足になると、アミノ酸からタンパク質をスムーズにつくることができなくなるため、タンパク質を主成分とする体毛や皮膚、粘膜の生成に影響が出てきます。ビオチンをたくさん含有する食品には、牛レバー、魚介類、ヨーグルト、大豆、卵、ほうれん草などがあります。

④亜鉛
亜鉛はミネラル成分として人間の体内で血液や皮膚、骨、腎臓、肝臓、毛などの細胞に存在しています。毛の主成分であるタンパク質の合成を助けたり、酵素の構成成分となって代謝を助け、皮膚や毛の生え変わりを促す働きをします。抜け毛を予防する効果のほか、成長促進、二日酔い防止、味覚を正常に支持する効果もあります、たとえば、生牡蠣、カニ、豚レバー、牛乳、納豆などが多く亜鉛を含まります。亜鉛はミネラルの中でも不足しがちな成分なので、意識的に摂取する必要があります。

⑤ポリアミン
ポリアミンは細胞分裂を促すなど、新陳代謝を正常に行うための重要な役割を担っているため、不足すると細胞の老化が著しくなるといわれています。たとえば、大豆発酵食品、チーズ、きのこ類、鶏肉などがあります。

日常生活で食事を意識して、注意することで睫毛の伸ばしだけでなく、ほかのメリットもたくさんありますので、食事のバランス摂取が重要になります。