ケアプロストの成分

ケアプロストは緑内障治療点眼薬として使用されているルミガンのジェネリック医薬品です。ビマトプロストは2008年、睫毛を伸ばす適応でアメリカ食品医薬品局 (FDA) によって承認されています。数あるまつ毛育毛剤の中で、最も人気の商品がケアプロストです。その理由は、他の製品と変わらないまつ毛育毛効果と、価格優位性です。同じ有効成分ビマトプロストを使用しているまつ毛育毛剤と比較すると、価格は約10分の一となっています。

臨床試験では、まつげの長さが1.6倍に、密度が6%アップしたという結果が得られています。 ケアプロストを使用したなんと80%の人に効果がありました。

ケアプロストの成分は先発品ルミガンと同じく、ビマトプロストが配合しています。この成分は、体内の生理的な物質であるプロスタグランジンの誘導体です。緑内障の患者の眼圧を下げる薬として利用されてきたのですが、研究が進み、緑内障治療薬の成分であるビマトプロストによってまつ毛の成長が促進される事が解明した事で製品化されました。

ケアプロストは眼球を満たす液体である房水の流出を促進させることで、眼圧を下げ、緑内障における視野の悪化を抑えます。また、まつ毛の毛包に作用し、毛周期における成長期を延長させます。

臨床試験の結果では、まつ毛の長さが平均で25%伸びた、まつ毛が太くなり、色も濃くなるため、ボリュームアップ効果が認められたと報告されています。つまり、ただまつ毛が長くなるというだけではなく、密度や色の濃さなどを含む、トータルでまつ毛のボリュームをアップしてくれる育毛剤なのです。

 

★ED勃起障害治療薬の特徴
レビトラ